お知らせ《2020/5/29 更新》

報 告

和歌山東ロータリークラブ様から協会にパソコンの寄付を頂きました。
 https://www.werc.jp

和歌山組仏教婦人会連盟様より寄付を頂きました。

株式会社 産九様 11月13日に寄付を頂きました。ありがとうございます。
 http://www.san-9.com

4月11日にナリス化粧品様からエステの売り上げの中から寄付をしていただきました。
 エステシャンの皆様ありがとうございました。

ふれあい人権フェスタ2019 11月23日(土・祝) 10:00〜16:00 和歌山ビッグホエール

公開講演会のお礼文
「このたびはお忙しい中、公開講演会にご参加いただき、誠にありがとうございます。おかげさまで、多くの方々にご来場いただく事ができ、これ以上ない喜びを感じております。今後も皆様のご意見を頂きながらNPO法人和歌山子どもの虐待防止協会のより良い運営を目指して参りますので今後とも宜しくお願い申し上げます。」

株式会社かつら木材商店の社長 桂様より11月26日に活動資金にと寄付と子どもたちにと温かみのある木材加工品のおもちゃ(わこに展示しております)を頂きました。IKONIH(アイコニー)は日本の檜を使って無塗装で仕上げた木のおもちゃです。http://ikonih.jp/agency

藤本哲史氏から12月14日に活動資金にと寄付を頂きました。
湊組様からは12月15日にお米と食材を頂いております。(こ・はうすきしがわで利用させて頂きます)


マーティン教授の特別講演、多くの方に参加いただきありがとうございました。

かがやきポルト わこ 《活動カレンダー》

「かがやきポルトわこ」からのお知らせ
新型コロナウイルス感染症の予防のため、わこを閉めておりますが相談者には来所ではなく電話での対応を行っております。
連絡先:090-1967-6637(家本)まで相談のある方は電話をいただければと思います。宜しくお願いします。



【わこ所在地】
  和歌山市美園町 5 丁目 6-12 1 階 JR 和歌山駅徒歩約 3 分
【開所日・開所時間】
  (祝日除く)火・木・金 12:00〜15:00(都合により変更有)

【お問合せ先】
  NPO 法人和歌山子どもの虐待防止協会
  〒640-8154 和歌山市六番丁 43 ハピネス六番丁ビル 5F
  TEL : 425-6626  FAX :446-6724  E-mail : wspcan@yahoo.co.jp

WSPCAN例会


--次回例会--

2020年6月25日(木)19:30〜


3密を避けるためにZoomミーティング(Zoom)を行うことになりました。

参加いただける方はwspcan@yahoo.co.jp へ
参加の意思をお知らせいただければ、折り返し詳細を連絡させていただきます。

トリプルP


新型コロナウイルスの影響下での子育て

紀州和歌山へ!


和歌山県立医科大学脳神経内科学 臨床心理士 大前康彦先生からの御紹介
<毎日新聞支局長だより>


今回の話題は「ある臨床心理士さんの提言」です。
木村支局長は、和歌山県立医大脳神経内科学の臨床心理士 大前泰彦(おおまえ・やすひこ)さんからの封書を受け取りました。
大前さんは、有田地方の学校のスクールカウンセラーを務めていて、コロナウィルスの感染拡大の影響で学校の多くが休校となり、子供たちに不安による極端な集団的心理が生まれることや感染者やその周囲への偏見、それらがいじめにつながらないかを心配しました。
そこで、「心を落ち着かせるために」と紹介していただいたのがこちらの本。
創元社の「子どものためのマインドフルネス」(キラ・ウィリー著)です。
読み聞かせができる絵本で、大前さんが翻訳を担当しています。「可愛らしい動物のイラストを使い深呼吸をして感情を落ち着かせるように促したり、周りの人たちへの思いやりの心を取り戻させてくれる内容です」(木村支局長)。
著者の大前さんも「物事を極端に単純化して考えず、感情に振り回されないよう、この本に触れて欲しいと思います」と話しています!
興味のある方は、「創元社」のHPのトップページから、「無料公開本」のバナーをクリックすれば、「立ち読みスタイル」で読むことができます!是非どうぞ!

https://www.sogensha.co.jp/feature/zenbun.html
https://www.sogensha.co.jp/tachiyomi/3905

WSPCAN ニューズレーター


No.43 WSPCAN ニューズレター

2020年度総会・公開講演会


日時 2020年6月14日(日)

日本国内における新型コロナウイルスの感染拡大、和歌山県内での感染確認の状況をうけ中止となりました。
楽しみにしていただいていた方々には大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


トリプルP前向き子育てセミナー 〜すべてのお父さん、お母さんのために〜



申込受付期間は4月20日〜5月15日です。

日本国内における新型コロナウイルスの感染拡大、和歌山県内での感染確認の状況をうけ、5月27日開始予定の「トリプルPグループワーク」は中止いたします。
楽しみにしていただいていた方々には大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
次回開催につきましてはホームページでお知らせします。

公開講演会(紀南)中止のお知らせ

和歌山子どもの虐待防止協会会員・賛助会員の皆さま

平素は、和歌山子どもの虐待防止協会の運営に格別のご高配とご協力を賜り心より御礼申し上げます。現在、新型コロナウイルスの感染者が増加し、今後もさらに感染が拡大することが予想されます。つきましては、3月8日に開催を予定しておりました和歌山子どもの虐待防止協会公開講演会の開催を急きょ、中止させて頂くこととなりました。

スタッフ一同、開催にむけて準備をして参りましたが、想定を上回る緊急事態に苦渋の決断をせざるを得ない状況となり、ご来場を楽しみにしていたお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ありませんが、なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

NPO法人和歌山子どもの虐待防止協会 事務局



日時 2020年3月8日(日)

紀南での会

2020年2月15日(木)13:30〜15:30


会場:ひがしコミュニティセンター1階 大集会室
田辺市南新万280-1 0739-22-2088

紀伊民報 2019年12月24日


紀南での活動を取り上げて頂きました。

子ども食堂 こ・はうすきしがわ



おもしろ環境まつり2019 

12月1日(日) 10:00〜15:00
場所:みその商店街アーケード(JR和歌山駅近く)

ふれあい人権フェスタ2019



※準備のお手伝いをしていただける方は9:00にブースへ直接お越しください。

オレンジリボンフェスタ2019 啓発パレード

11月3日(日)
貴志川線祭りでブース出展を予定しております。
皆様の参加をお待ちしております。

貴志川線祭り

☆11月30日(土)15:00〜17:00
アドベンチャーワールドのエントランスドーム「お帰り口」を出た所で子ども虐待防止オレンジリボン運動を行います。


※お手伝いをしていただける方は出入口付に14:00集合して下さい。

「里親制度」をご存じですか?


子どもの貧困対策 全国キャラバン in わかやま


日時:2019年10月26日(土)
場所:河西コミュニティセンター 2階多目的ホール大

和歌山子どもの虐待防止協会 セミナー


和歌山子どもの虐待防止協会 会員手帳

虐待防止協会の会員手帳ができあがりました。


この会員手帳は社会福祉法人和遊協社会福祉事業協力会様のご協力により作成させていただきました。

令和元年度 共育支援メニューフェア


両親の日記念コンサート

「8.8両親の日記念コンサート」
日時 2019年7月29日(月)
場所 大阪市中央公会堂

粉河祭り

日時:5月12日(日)粉河ふるさとセンター

かがやきポルト わこ

トリプルP(前向き子育てプログラム)ミニセミナー
日時 第2火曜日・第4金曜日午後1時から2時
場所 わこ
定員 あり
対象グループトリプルPを受講した方もそうでない方も
参加費500円(資料・お茶・お菓子代含む)
★保育はありません

平成30年度公開講演会


2019年3月10日(日)受付13時15分〜 開演13時30分〜(16時終了予定)
和歌山県立情報交流センターBig・U 研究室4

「第2のゆあちゃんを出さないために〜私たちができること〜」

参加は無料です。奮ってご参加ください。

マーティン教授の特別講演

日時 :平成30年12月3日(月)18:00〜19:30
場所 :和歌山県立医科大学保健看護部 大講義室



主催:和歌山県立医科大学保健看護学部
共催:NPO法人和歌山子どもの虐待防止協会

子どもの車内放置事故防止にご協力をお願いします


新事務所開所式

「かがやきポルト わこ」
4月8日(日)13:30〜(15分程度)
和歌山市美園町5丁目6-12の新事務所でとり行います。

 寺田ちはるさんのアコーディオン演奏、バルーンアート、1円玉落としを行います。



多くの方が参加して下さいました。
●トヨタカローラ様(バルーンアート)、寺田ちはる様(アコーディオン演奏)のとても温かいご協力を頂きました。
●岸本周平様(衆議院議員)、藤本眞利子様(和歌山県議会議員)からはお祝いのメッセージを、
 株式会社大黒様より観葉植物、宇都宮病院様からバルーンギフトを頂きました。

NPO法人子どもセンターるーも

ボランティア養成講座

虐待等により家庭に居場所がない子どもたちのための「子どもシェルター」(女子専用)

アットホームな環境の下、子ども達に寄り添ってくださる方を募集しています。

(詳しくはPDFをご確認ください。)

映 画 

さとにきたらええやん

オレンジリボンを知ろう

オレンジリボンを知ろう

 エフエムワカヤマ(87.7MHz)
日時:平成28年7月放送分
NPO和歌山子ども虐待防止協会の多彩なメンバー4名が、それぞれのテーマをもとにトークをお届けします。

協会概要

活動の趣旨

 和歌山県での虐待に対する取り組みは1994年1月の和歌山被虐待児症候群対策委員会設置に始まります。公的機関を中心に多職種からなる委員会でスタートしました。被虐待児の実態調査、連絡網の樹立、虐待予防対策などを行ない、1998年9月には、日本子どもの虐待防止研究会・第4回全国集会を開催するなど大きな成果を上げてきました。 活動を通じて、虐待はけっして特殊な問題ではなく、母親や養育者の育児に関する悩み、不安など誰にでも身近におこる問題であること、そしてまわりに一緒に考えたり、援助する人がいないなど、養育者が孤立状況におかれていることなどを経験してきました。「子育ては社会でする」という観点に立ち、子どもに関係する専門家だけでなく、一般市民、地域の方々の参加によって子どもの虐待に対応するという趣旨で、2000年3月18日、民間団体として「和歌山子どもの虐待防止協会」が設立しました。
 会員241名(平成15年5月31日)

入会案内

特定非営利活動法人 和歌山子どもの虐待防止協会入会のご案内

 連日の新聞・テレビなどの報道でもみられますように、子どもの虐待が急増しています。
「子育ては社会がする」という観点から、子どもを見守るだけでなく親への子育て支援・相談、心理面でのサポートなどの課題も含め、広く子どもの虐待に対応する会を作りたいという趣旨で「和歌山子どもの虐待防止協会」が2000年3月18目に発会しました。広く一般市民の方々の参加を呼びかけております。
 入会を希望される方は、下記の申込書を事務局に郵送またはファックスし、同時に会費を郵便振込みでお納め下さい。
年会費は正会員3,000円、学生会員1,500円、賛助会貫10,000円です。

PDFが開きます(この用紙をプリントアウトしてお使い下さい)
年会費郵便振込み先
口座番号:00980−9−157780
加入者名:NPO法人 和歌山子どもの虐待防止協会



リンク

タドルわかやま

 http://toddlewakayama.com/

児童虐待防止全国ネットワーク

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

賛助会員

NPO法人和歌山子どもの虐待防止協会 賛助会員(順位不同・敬称略)

 部落解放同盟 和歌山県連合会
 社会福祉法人 和遊協社会福祉事業協力会
 和歌山県看護協会


《新たな会員》

 ●株式会社蒲田嵩商店
 ●株式会社紀伊民報
 ●株式会社田辺スズキ販売
 ●プラム食品株式会社
 ●有限会社きのくに林産加工
 ●紀州物産株式会社
 ●株式会社和歌山ライフコンサルティング
 ●藤乃湯有限会社
 ●有限会社英信運輸
 ●堅田歯科医院
 ●株式会社丸山組
 ●鈴木太雄事務所
 ●有限会社ワケン住設
 ●垂井合名会社
 ●松源
 ●株式会社光和設備
 ●株式会社きらり福祉会
 ●三谷整体施術院
 ●和歌山南ロータリークラブ
 ●株式会社ナリス化粧品
 ●一般社団法人 かわばた興産
 ●なかもと整形外科
 ●小谷 芳正様(みなべ町長)
 ●岩田 勉様(すさみ町長)
 ●井澗 誠様(白浜町長)
 ●奥田 誠様(上富田町長)
 ●真砂 充敏様(田辺市長)
 ●安原 克彦様
 ●MOTOR GARAGE わんぱく


【2020年2月26日時点】


ページのトップへ戻る