お知らせ《2017/3/2 更新》

総会・公開講演会

 和歌山子どもの虐待防止協会 総会・公開講演会
日時:平成28年6月26日(日)場所:保健看護学部 大講義室

WSPCAN例会

--次回例会--
 平成28年3月23日(木) 19:30〜20:50
 和歌山ビッグ愛 9階 りぃぶるB会議室

和歌山子どもの虐待防止協会 公開講演会


たたかなくても子どもは育つ -体罰としつけは違う-
日時:2017年 3月19日(日)  場所:和歌山県立情報交流センター Big・U 研修室2
受付:午後1時30分から / 開演:午後2時

WSPCAN ニューズレーター

No.36 児童虐待防止活動の展望

公益財団法人 和歌山県人権啓発センター

ふれあい人権フェスタ2016
日時:2016年 11月19日(土)10:00〜16:00  場所:和歌山ビッグホエール

里親支援センター「なでしこ」

特別養子縁組・親子の道のり〜こどもたちの幸せのために〜
日時:2016年 11月20日(日)10:00〜15:00(受付:9:30 〜)場所:和歌山ビッグ愛1F大ホール

オレンジリボンフェスタ

アズマハウスXpresents和歌山ではたらくくるま大集合!
日時:2016年 10月8日(土)〜10日(月)10:00〜17:00(10日16:00)
場所:和歌山マリーナシティ第1駐車場
平成28年度オレンジリボン運動協賛企業名
ナカマエオートセンター 株式会社 ちひろ 田原学園 株式会社 陶彩館 アバローム紀の国 
株式会社マルトミレンタ 株式会社 大山 株式会社 江川組 塗り絵提供:パパチカ (順位不同)


オレンジリボンを知ろう

オレンジリボンを知ろう

 エフエムワカヤマ(87.7MHz)
日時:平成28年7月放送分
NPO和歌山子ども虐待防止協会の多彩なメンバー4名が、それぞれのテーマをもとにトークをお届けします。

協会概要

活動の趣旨

 和歌山県での虐待に対する取り組みは1994年1月の和歌山被虐待児症候群対策委員会設置に始まります。公的機関を中心に多職種からなる委員会でスタートしました。被虐待児の実態調査、連絡網の樹立、虐待予防対策などを行ない、1998年9月には、日本子どもの虐待防止研究会・第4回全国集会を開催するなど大きな成果を上げてきました。 活動を通じて、虐待はけっして特殊な問題ではなく、母親や養育者の育児に関する悩み、不安など誰にでも身近におこる問題であること、そしてまわりに一緒に考えたり、援助する人がいないなど、養育者が孤立状況におかれていることなどを経験してきました。「子育ては社会でする」という観点に立ち、子どもに関係する専門家だけでなく、一般市民、地域の方々の参加によって子どもの虐待に対応するという趣旨で、2000年3月18日、民間団体として「和歌山子どもの虐待防止協会」が設立しました。
 会員241名(平成15年5月31日)

入会案内

特定非営利活動法人 和歌山子どもの虐待防止協会入会のご案内

 連日の新聞・テレビなどの報道でもみられますように、子どもの虐待が急増しています。
「子育ては社会がする」という観点から、子どもを見守るだけでなく親への子育て支援・相談、心理面でのサポートなどの課題も含め、広く子どもの虐待に対応する会を作りたいという趣旨で「和歌山子どもの虐待防止協会」が2000年3月18目に発会しました。広く一般市民の方々の参加を呼びかけております。
 入会を希望される方は、下記の申込書を事務局に郵送またはファックスし、同時に会費を郵便振込みでお納め下さい。
年会費は正会員3,000円、学生会員1,500円、賛助会貫10,000円です。

PDFが開きます(この用紙をプリントアウトしてお使い下さい)
年会費郵便振込み先
口座番号:00980−9−157780
加入者名:NPO法人 和歌山子どもの虐待防止協会



リンク

タドルわかやま

 http://toddlewakayama.com/

調査研究

しばらくお待ちください。

新聞関連記事

しばらくお待ちください。

子どもの虐待ってなに?

しばらくお待ちください。

ページのトップへ戻る